障がい者施設で過ごす方へ心を込めて・・・

①見本カタログよりおきものをお選びいただけます。
②当日は馴染みのある施設内にて、着付け・ヘアー・写真撮影をおこないます。
③出来上がったお写真をアルバムにしてお贈り致します。

<様々な感想が寄せられています。>

利用者、ご家族、職員そして、きもの笑福の皆様と、
晴れの機会を一緒に創っていただけたこと、本当に感謝しています。
保護者様からも、「障害があることで、こんな機会はないと思っていた。」
とのお話でした。まさに「笑福」な時間を過ごさせていただきました。
  施設責任者
先日は、大変お世話になりました。
カタログを手にして、親子でどの着物にしようか選んでいる時から、私たち親子の素敵な夢の様な時間がスタートしました。
当日が楽しみでわくわくしながら、でも高まる気持ちを抑えつつ健康管理に気をつけながら待ちわびていました。朝早起きをし施設に向かうと、笑顔で出迎えてくださり、気持ちよく着付けがスタートしました。息のあった着付けや物腰の優しいお声がけお気遣いは、とても見事でなんの不安もなく安心して見ていられました。あっという間に振袖姿に変身した我が子にびっくりしました。そして、車椅子にのっていても、とても自然で綺麗な振袖姿に仕上がっていることに感激しました。
写真撮影もいろいろな小物を用意して下さり、パターンを変えて撮影ができ写真館にいるようでした。
なんと言っても、娘がとてもいい表情で嬉しそうにしている姿を見れた事がなによりも嬉しかったです。
うちは、三姉妹でみんな同じように成人式をお祝いしてあげたかったのですが、車椅子なので振袖は諦めていました。娘も納得してはいましたが、帰ってきて、嬉しそうに家族や友達に携帯の写真を見せてみんなに「綺麗だね」と言ってもらってまた、喜んでいる姿に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
やっぱり、お姉ちゃんたちと同じ様に自分で着物を選び、振袖を着たかったんだと思います。本当にありがたい幸せな時間をありがとうございました。
また、どこかでどなたかがこのような時間を体験でき、笑顔が増えていくことを願っています。
  利用者母
利用者、保護者様から
「貴重な体験ができて良かった」「自宅ではなかなかできないので嬉しい」
「普通の子であればすぐに撮れるけど、障害を持っていることで撮影自体が難しい、この機会に感謝しています」
とのお言葉です。
1人でも多くの方に、障害があることで私たちの当たり前があたりまえでない事に気づきが得られる事。
更には、私たちのように、きもの笑福さん取り組みを通じて、障害の有無によらない文化的活動への参加を実現できればと思います。
  施設責任者